朝の眠気とお別れ!質の良い睡眠をとるためのポイント

♡生活♡
この記事は約2分で読めます。

朝起きるのはとっても億劫で眠たいし、なんなら二度寝したい・・・

そんな声が聞こえてくる気がします。

朝の目覚めの悪さは、睡眠の質の低さに問題があります。

今日から睡眠の質を高め、朝の眠気とお別れしましょう!

就寝三時間前には夕飯を済ませる

就寝前には、胃の消化活動を終えていることが理想的です。

食後すぐ就寝すると体は消化活動を優先するので、内臓が休息をする時間が短くなってしまいます。

就寝前に食事を摂ってしまうと、眠りが浅くなったり疲れが取れにくくなり、翌朝に響いてしまいます。

仕事や学校などで帰宅が遅く三時間前に食事を摂ることが難しい人は、消化の良いものを選びましょう。

入浴でリラックスする

ぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、体を温めましょう。

38度のお湯に、5分~30分ほど浸かることが理想的です。

体を温めることで、緊張をほどきリラックス効果に期待ができます。

熱めのお湯にしてしまうと、脳が覚醒してしまうので注意しましょう。

自分に合った寝具を選ぶ

自分の体形に合った寝具を選ぶことで、より快適な睡眠へと導きます。

起きた時に首や肩が凝っている人は、枕の高さが合っていない可能性があります。

また、敷布団が柔らかすぎると腰痛の原因に!

今一度、寝具を見直してみましょう。

リラックスできる音楽を聴く

リラックスできる音楽を聴くことで、副交感神経が優位になります。

副交感神経とは自律神経の働きで、寝ている時の神経やリラックスしている時の神経です。

川や海などのせせらぎ音を聴いたり、クラシック系の音楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

適度な運動やストレッチをする

日中に適度な運動やストレッチをすることで、生活リズムにメリハリが出ます。

生活リズムにメリハリが出てくるようになると、夜になれば自然と眠くなるサイクルになります。

自然な眠気から睡眠に導くことで、熟睡感も得られるでしょう。

自身の生活リズムに合わせて、運動量を調節してみてはいかがでしょうか。


質の良い睡眠をとるためにできることは、そこまで難しいことではありません。

毎日の心がけと、継続する気持ちが大切です。

質の良い睡眠をとり、明日の活力へとつなげていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました