今から始められる! 辛い生理を少しでも楽に過ごす方法

♡生活♡

女性の誰もが悩む生理の憂鬱さや、生理痛による痛みの辛さ。

少しでも軽減できたら多少はマシになるのに・・・なんて、思いますよね。

そこで今日は、辛い生理を少しでも楽に過ごせる方法をお伝えしていきます。

マッサージをする

TesaPhotography / Pixabay

生理中は血行不良になりやすく、冷えの原因にもつながります。

マッサージをすることで血行促進に効果が期待できるだけでなく、冷え切った体を温める効果も!

また、マッサージをすることで心と体がリラックスモードになるので、一石二鳥です。

入浴をする

DarthZuzanka / Pixabay

生理中に入浴??と思う方も多いのではないでしょうか。

実は生理中の入浴は、特に問題はありません。

清潔なお湯であれば、膣が炎症を起こすといったこともないでしょう。

水圧で経血が出にくくなるので、浴槽を汚す心配もありません。

生理中の入浴に抵抗がある人は、足湯がお勧めです。

体や足を温めることで血行が良くなり、生理痛の緩和も期待ができます。

 

意外と知らない生理中のお風呂はアリかナシか-生理用品のソフィ
生理中はお風呂に入っても問題ない?長風呂してもいい?どこまで洗うべき?スパや温泉でのマナーは?素朴な疑問に医師が答えます。

アロマやお香で香りを楽しむ

Paco / Pixabay

生理中や生理前の不快な症状には、アロマやお香の香りが不快症状を和らげると言われています。

特に柑橘系の香りは、不快症状が軽減することが認められています。

精神的に落ち込みやすくなったり、イライラしやすくなる生理中こそ、香りの力をかりて心に栄養を蓄えましょう。

美味しいものを食べる

生理中は普段より、1.5倍のエネルギーを消費すると言われています。

生理中の体が疲れやすいのは、エネルギーの消費が激しいことが原因なんですね。

ダイエット中の女性も生理中だけはダイエットを休息して、体と心が喜ぶ食事を摂りましょう。

美味しい食事をバランス良く食べることで、エネルギーを蓄えることができます。

リラックスをする

FirmBee / Pixabay

生理中はとにかくゆっくり過ごすことが大切です。

好きな音楽を聴いたり、映画やテレビドラマを観て、ゆっくりとくつろぐ時間を作りましょう。

生理中の過ごし方は、次に来る生理痛と関係性があります。

 

生理中の過ごし方が、次の生理を左右する!!今更聞けない生理中の過ごし方。
毎月やってくる生理・・・億劫ですよね、憂鬱ですよね・・・ ところで、あなたは生理中どのように過ごしていますか? この生理中の過ごし方によって、次に来る生理が重くなるか軽くなるかが決まるそうです( ゚Д゚) では、どのように過ごせばいいのでしょうか?

生理中は無理に予定を入れずに家でゆっくりとくつろぐことで、体にかかる負担も軽減されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました