辛い冷え性にお別れ!!今日から始められる温活を始めて冷え知らずになろう!!日常生活編

最近良く耳にする『温活』ってどんなことをするんでしょうか?

温活をすることで、どのような効果があるのでしょうか?

そこで温活でやるべきことを【日常生活編】と【食事編】に分けてお伝えしていきます。

今回の記事は【日常生活編】について書いていきます。

温活とは

『温活』とは健康を維持するために、基礎体温を上げる活動です。

現代人は昔の人と比較し、基礎体温が低い傾向にあり、その為に冷え性などの症状が現れる原因になっています。

冷え性は、生理不順・不妊・免疫力低下・肥満・浮腫みなどの原因にもなります。

そこで『温活』が注目されるようになり、基礎体温を上げて健康的な体を維持しようという活動が広まりました。

それでは『温活』は何から始めればいいのでしょうか?

早速紹介していきます♪

冷え対策グッズを使う

冬だけに限らず、夏場もエアコンの冷気などで体は冷えています。

そこで活用したいのが『冷え対策グッズ』です。

薬局やドラッグストアでも良く目にする機会が増えた『冷え性対策グッズ』で、身体を内面から温めていきましょう。
 

腹巻をする

温活で大切なことは、身体を温めることです。

お腹は体の中心とも言われているので、お腹を温めることにより全身が温まり代謝も良くなります。

また腹巻をすることで、お腹だけではなく腰回りも温まります。

靴下やレッグウォーマーを履く

足の冷えを実感している女性は多いと思います。

筆者も足の冷えには悩まされています。

そこで活躍するのが、靴下やレッグウォーマーです。

足を温めることは冷え性の根本的な改善には役立たないと言われていますが、足先から冷えが進行することも考えられます。

寒さを感じるときはしっかりと靴下を履き、寒さから守ってあげましょう。

レッグウォーマーを履くと、足首を温める効果があります。

足首を温めるだけでも、足元がぽかぽかしてきますよ(‘ω’)

湯たんぽを使用する

最近では、足用の湯たんぽや座布団用の湯たんぽなど、たくさんの種類の湯たんぽがあります。

湯たんぽはじんわりと熱を伝えるので、昔から沢山の人に愛用されてきました。

また、入浴前に湯たんぽで身体を温めると、より入浴中の温かさを感じることができそうです。

入浴をする

冷え性改善には、血行の促進が大切です。

そのためには、お風呂に入って血行を良くすることは基本とも言えるでしょう。

シャワーだけで済ませてしまうと、身体は温まりません。

面倒でも入浴をして、血行促進を心がけましょう。

マッサージをする

冷え性を改善する為には、マッサージが効果的です。

足のマッサージや、手のマッサージをすることで血流が良くなりぽかぽかしてきます。

マッサージ用の器具も売っているので、自宅でセルフマッサージを始めてみてはいかがでしょうか。
 

温活はいかに身体を冷やさないかがカギです。 普段から身体を温めることによって、代謝がアップし健康的に過ごすことができます。 日常生活で取り入れられることは、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 次の記事では、温活で最も大切な【食事】について紹介していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました