投稿前にちょっと待って!!SNSトラブルを未然に防ぐ方法とは?

♡生活♡

SNSの普及に伴い、誰でも簡単に沢山の情報をシェアしたり、閲覧できる時代になってきました。

SNSのメリットとして、共通の趣味がある人と交流が持てたり、一つの話題で意見交換ができたり、マイナーな情報の共有ができたり、本当に便利です。

ですが、この便利さだけに目がくらみ、SNSトラブルにつながっていく人が増えています。

そこで、投稿前に気を付けるだけで未然にトラブルを防ぐ方法をお伝えしていきます。

個人情報は載せない

これはSNSをやるうえで基本的なことです。

あなたの投稿は、親しい友人に見られているだけではなく、全世界の人に見られている意識を持つことが大切です。

また、ネットに一度載せたものは永遠に残ると言われています。

『間違えて投稿しても削除すればいい』という考えは実は危険で、あなたの投稿をスクショされたり、どこかで共有をされている可能性も考えなくてはなりません。

どうしても個人情報を載せたい場合は、リスクを考えて投稿するようにしましょう。

友達の顔写真を無断で載せない

友達と遊びに行ったり、大好きな彼氏とデートをしたりと、その時の思い出をスマホの写真に残す人も多いのではないでしょうか。

その時の様子をSNSに載せ楽しかったことを友人にシェアすることは、自分の気持ちが満たされます。

ですが、その写真をSNSの載せる前にちょっと考えてみてください。

例えば、友人がSNSで無断であなたの写真を載せていたらどう思いますか?

他人にはあまり見られたくないような表情をしている・私のプライベートはネットに出して欲しくなかったなど、色々な感情が生まれると思います。

自分のSNSの投稿を華やかにしたい欲の為に、友達の写真を無断で使ってしまうと肖像権の侵害に発展するケースもあります。

SNSに写真を投稿する際は、必ず友人の許可を得ることが大切です。

友人が写っている写真は顔を隠してあげたり、トリミングをしてあげるなどの配慮をしてあげましょう。

肖像権の侵害が認められる条件と侵害された時に気をつけるべきこと|IT弁護士ナビ
肖像権とは、被写体となる人物が無断で写真や動画を撮られたり、撮ったモノを無断で公開されることで受ける精神的な苦痛から保護するための権利です。この記事では、SNSなどネットサービスを利用する上で気をつけるべきことについてご紹介します。。

位置情報や風景写真に気を付ける

多くのSNSには位置情報を付けられる機能があります。

この機能は『今ここにいますよ』『先ほどここにいましたよ』ということを、知らせる機能だと思ってください。

この情報を知らせることで、あなたがいつどこで何をしていたかが明確に分かってしまいます。

そうなると、近所に住んでいる悪質なユーザーがあなたに目をつける可能性もあります。

SNSは誰がどんな目的で見ているかは、分かりません。

自分の目的と他ユーザーの目的は、必ずしも一緒とは限りません。

また、風景の写真にも注意が必要です。

近所に住むユーザーや土地勘があるユーザーだと、位置情報をつけていなくても居場所を特定することが可能です。

風景やお出かけのシーンをSNSに載せたい時は、『なう』で伝えるのではなく、時間差で載せるなどしましょう。

自撮りを載せない

多くの女性ユーザーは自撮りを載せたがる傾向にありますが、これはとても危険です。

悪質なユーザーがあなたの自撮り写真を勝手に使用するケースも考えなくてなりません。

良く耳にする話として、自撮りをSNSに投稿したら、出会い系サイトのプロフィール写真に使われてしまったということもあります。

また、あなたに好意を持ったユーザーが、ストーカーになってしまうケースもあります。

自撮りを載せたい場合は、その辺のリスクも充分に頭に入れておきましょう。

プライベートな情報は載せない

プライベートなことを書いて、後から取り返しがつかなくなるケースもあります。

例えば『友達の悪口を書いてしまったら、友人経由でばれてしまった』『家庭内の愚痴を書いたら近所の人に見られてしまい、プライベートが赤裸々になってしまった』『誰にもバレないと思って写真を投稿したら、友達に自分の投稿だとバレてしまった』というケースは、実は珍しくありません。

匿名で利用できるサービスでも、使い方によっては自分の存在をアピールする形になってしまいます。

その為にも、プライベートな情報は載せないように注意しましょう。

一番危険!!自撮り+部屋+景色

『今日のメイクは可愛くできたからSNSに投稿しよっと♪』『今日のファッションは流行物だから、一足先に着ているところを投稿しよう♪』という女心はとても分かります。

でも、どうしても載せたいなら周りにあるものに注意をしてください。

見出しのように写真の中に『自撮り』『部屋』『景色』の三点が揃ってしまうと、それだけで居場所を特定されることもあります。

例えば、自撮りをした際に部屋の窓が写っていたとしましょう。

その部屋の窓から見える景色によっては、居場所がバレてしまいます。

そうなると当然、あなたの住んでいる場所がバレてしまうのです。

ネットの世界には沢山の人がいます。

中には部屋の壁を見ただけで、どこの工務店が家を作ったか分かる人もいるそうです。

自分の部屋だからと安心せず、部屋で撮った写真の投稿にも注意が必要となります。

 

近年、インターネットでのトラブルが多発しています。

自分の身は自分で守る為に、今一度SNSの使い方を見直しみてはいかがでしょうか。

女性目線で書いた記事ですが、男性も注意が必要です。

周りの友達や家族と、SNSについて意見交換をしたり話合いをしておくと良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました