春には身体も心もストレスがいっぱい!春の変化に抗わずに過ごすコツ

♡生活♡
geralt / Pixabay
この記事は約3分で読めます。

日中は暖かくなり、過ごしやすくなってきました。

気候は過ごしやすくなっているのに、最近不調を感じる方はいませんか?

その不調は、春の変化が原因かもしれません。

春は暖かくなって心も体もウキウキしますが、その反面で疲れも出やすい季節です。

不調を招く気候の変化

Free-Photos / Pixabay

日本の春は、さまざまな変化が起こると言われています。

心身がその変化についていけず対応ができなくなってくると、バランスが崩れてしまいます。

気候の変化や気圧の変化に自律神経が乱れてしまい、不調の原因となってしまうのです。

春に自律神経が乱れやすい原因は、下記にまとめています。

自律神経が乱れやすい春!!季節の変化に上手く対応し不調を改善させるには?
春は自律神経が乱れやすくなると言われています。 自律神経が乱れることで起こる不調は、頭痛や肌荒れ食欲不振など、様々な症状があります。 特に...

リラックスをする時間を作る

cuncon / Pixabay

春の変化に対するストレスを緩和させるためには、リラックスをする時間が必要です。

ずっと活動モードになってしまっては、疲れが蓄積されてやる気が起きるはずもありません。

動く時はしっかりと動き、休む時はしっかりと休むというバランスが大切になります。

湯船に浸かったり好きな音楽を聴いたりして、自身にあったリラックスタイムを一日のどこかで作りましょう。

できれば就寝前がお勧めです。

休日に予定を入れない

Free-Photos / Pixabay

休日は、疲れた心と体をしっかりと休ませてあげましょう。

せっかくの休日に予定を入れてしまうと、自律神経の交感神経が優位になり、活動モードになってしまいます。

どうしても出かけたい場合は、交感神経が優位になりやすい人混みや照明が明るい場所を避けましょう。

自然の景色を楽しんだり、軽くお散歩をしてゆったりと過ごすと良いでしょう。

新しいルールを作らない

Free-Photos / Pixabay

春になると新しい年度の始まりということもあり、新しいことに挑戦したくなりますよね。

しかし、普段と違った日常生活を送ることで、新たな緊張と不安感を作り出してしまい、心身ともに疲れが出てしまいます。

こうした行動は自律神経にも影響してしまうので、新しいことを始めたい時は春が過ぎて体が楽になってからが良いでしょう。

手抜きをする

silviarita / Pixabay

生活をしていくうえで、きっちり行わなくてもどうにかなることは意外と多くあります。

食事であれば外食にしたり、出来合いのものを食べたりすれば、作る手間も食器を洗う手間も省けます。

朝食などもお湯を入れるだけで食べられるものなどを利用すると、朝食の時間を気にせずにゆっくりできるのではないでしょうか。

忙しい朝の味方に!!ハウスの『マグカップシチュー』で心と体に栄養をプラス♪
朝晩だいぶ冷え込むようになってきました。 冬の訪れもすぐそこでしょうか。 寒い時こそ『マグカップシチュー』で朝から体を温め、やる気をチャージしませんか?

果物を食べたり、シリアルを買ってみたり、好きな食べ物で手抜きをしながら楽をしましょう。

手抜きをすることで時間に追われることなく、穏やかに過ごすことができます。

その余った時間で、ゆっくりとくつろげる時間を確保し、心身のエネルギーをチャージしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました